Corporate Governance &
Internal Control

Corporate Governance

“ミナト”の価値を支えるために

当社が長期的かつ安定的な成長をしていくために必要なことは、投資家および投資先事業者ならびに様々なステークホルダーの価値創造に配慮することだと考えます。当社は金融と不動産を取扱うプロフェッショナル集団として、企業統治システムや内部管理態勢を高いレベルに維持し、刻々と変化する環境下で企業としてあるべき姿を追求し続けます。
1.透明性、2.世界との関わり、3.機動性、4.機能性、の4つの円が交わる図 1.透明性、2.世界との関わり、3.機動性、4.機能性、の4つの円が交わる図
経営の意思決定プロセスは常時、社外役員により監視される態勢を整えています。加えて財務状況や経営指標に関わる情報は役職員間で等しく共有されています。
常に海外を視野に入れ、世界標準の思想および価値観を柔軟に取り込むことでクロスボーダー取引に耐えうる態勢創りを目指しています。
取締役および内部監査担当には公認会計士ならびに税理士、監査役には弁護士といったように専門職を配置することで、プロフェッショナルの目による経営監視を行います。
透明性および公正性に配慮しつつ、オーナー企業の長所である迅速な意思決定を行い、スピード感のある企業運営を心がけます。
組織図

上から、株主総会ー監査役ー取締役会ー代表取締役ー内部監査部門ー営業部、管理事務部門、法務部門で構成される組織図

上から、株主総会ー監査役ー取締役会ー代表取締役ー内部監査部門ー営業部、管理事務部門、法務部門で構成される組織図

Internal Control

内部管理態勢

ミナトマネジメントは投資家の資産を安心・安全に管理できるよう、
社内での相互牽制態勢を徹底させています。

営業担当、法務担当、管理事務担当、内部監査担当、が相互牽制で結ばれている図

>営業担当、法務担当、管理事務担当、内部監査担当、が相互牽制で結ばれている図

投資対象の選定にあたっては対象事業の実在性確認および事業関係者へのヒアリングならびに当社独自の調査を行い、投資事業としての適格性が確保されていることを検証します。
投資資産にかかわる契約および資金取引は各担当者が相互に取引内容、金額そして時期を確認できる業務フローにて統一されており、特定担当者の判断で取引がなされることのない態勢を整えています。
すべての案件は当社管理システムにより、その交渉過程および協議内容が記録され、社内で共有されます。すべての記録を内部監査部門が通査することで意思決定プロセスの異常発生を未然に防ぐ形をとっています。
投資家などステークホルダーとの協議にもとづき、随時、運用状況の報告を行うほか、当社ホームページにて常に投資事業の内容把握できるよう、投資事業の透明化を図っています。
法令遵守を徹底するため、法改正に対応するため、あるいは常に変化する当社の事業内容を理解するため、専門知識の習得は必須です。当社では随時、社内研修を実施して社員のレベルアップを図っています。

TOP