Fund
22.03.30

みずほリース株式会社による国内235ヵ所における屋根置き太陽光発電投資事業に係るアセットマネジメント業務受託のお知らせ

株式会社ミナトマネジメントはこの度、みずほリース株式会社(代表取締役社長:津原 周作 以下「みずほリース社」といいます。)を出資者とするファンド投資による太陽光発電事業におけるアセットマネジメント業務を受託いたしましたのでお知らせいたします。

 

今回の太陽光発電事業投資は、第二電力株式会社(代表取締役会長兼社長:岡本晋 以下「第二電力社」といいます。)が保有する第六日本ソーラー電力合同会社(以下「第六日本ソーラー社」といいます。)が営む屋根置き太陽光発電事業(235ヵ所・合計31㎿、以下「本事業」といいます。)に関して、みずほリース社が出資持分を取得するものです。当該太陽光発電施設から発電された電力は、発電設備を設定している施設で自家消費(注)、又は固定買取制度に基づき売電されます。
本件に関する、みずほリース社及び第二電力社による発表内容は以下のリンクをご参照ください。

 

みずほリース社:
国内235ヵ所における屋根置き太陽光発電所事業に対する出資持分取得について

 

第二電力社:
第六日本ソーラー電力合同会社が営む太陽光発電事業出資持分のみずほリース株式会社への売却について

 

当社は本件について、第二電力社とみずほリース社との間の売買交渉のサポート、みずほリース社による投資ストラクチャーの構築支援を行ってまいりました。
本件における保守管理業務は引き続き第二電力社が請け負い、当社はアセットマネージャーとして第二電力社と協力して第六日本ソーラー社の運営管理を行う予定です。

 

当社は再生可能エネルギーの固定買取制度が開始した2012年度から、太陽光発電事業にかかるファンド組成・管理業務を行ってまいりました。
屋根置き太陽光発電事業は、土地の造成等が不要であり、環境負荷も極めて少ない再生可能エネルギー事業です。
みずほリース社による今回のプロジェクトは、日本における脱炭素・再エネ事業拡大への貢献を目指すものです。

また、第六日本ソーラー社が保有する太陽光発電設備はいわゆる「低圧」と呼ばれる発電容量が50kW未満の設備が多数を占めており、このような多数の低圧太陽光発電設備を一括で投資する「低圧バルク投資」が太陽光発電事業投資の中でも注目されています。

 

再生可能エネルギーへの投資環境はいわゆる「メガソーラー」と呼ばれる大型投資案件に限らず、本件のような低圧バルク投資やソーラーシェアリング(営農型)への投資など、その規模や運営方法が様々な形態に広がっています。
当社はこれまでの知見を活かし、持続可能な経済社会の実現の一助となるべくこれからも再生可能エネルギーの領域で積極的に事業展開を進めてまいります。

 

[対象設備の一例]

 

 

 

[みずほリース社の概要]
法人名:みずほリース株式会社
所在地:東京都港区虎ノ門1-2-6
代表者:代表取締役社長 津原 周作
URL:https://www.mizuho-ls.co.jp/

 

[第二電力社の概要]
法人名:第二電力株式会社
所在地:大阪府大阪市中央区島町2-1-15
代表者:代表取締役会長兼社長 岡本 晋
URL:https://www.daini-den.co.jp/

 

 

(注)太陽光発電による電気を電力会社への売電ではなく太陽光発電設備を設置している工場や店舗などの自社設備で使用することを「自家消費」として定義しています。

MM ISM(Statement)

真価を束ね、未来を創る。

根源的価値を追求するプロフェッショナル集団として。

オフィスのエントランス
オフィスの写真

投資家様お問い合わせ窓口

TOPへ